指導力の高い先生は厚遇で勤務できる

塾の先生の給料計算は塾を運営している会社によって異なるので一概には言い切れませんが、

多くの場合で基本給にそれぞれの能力を評価した金額が加算される形です。

優秀な先生は評価が高いので、その分だけ給料も上がるのです。

上昇率は会社ごとに違いがありますが、指導力の高い先生なら膨大な金額になることも珍しくありません。

私が塾の先生として働いていた時も、教え方が上手で人気もある先生は評価額が非常に高く設定されていました。

給料の金額はそのまま指導力に対する評価でもあるので、教える側も仕事に対する意欲が大きく上がるのです。

目の前に具体的な目標がいるので他の先生も仕事に対する意気込みが強く、

お互いに競い合って勉強の教え方を工夫するようになるのです。

塾の先生の仕事は一部の例外を除き、基本的に学校が終わったあとが勤務時間になります。

そのため、夕方から夜にかけて子供たちに勉強を教えることになるのが普通です。

場合によっては深夜に至ることもあり、

そうなると子供たちの集中力も疲労や眠気で低下する事態は避けられません。

そのような状況の中で子供たちの学力を育むことができる優秀な先生はその指導力を高く評価され、

その評価は厚遇という形で還元されているのです。