担当コマ数に影響されやすい塾講師の給料

塾講師は実力が高くなると担当する授業のコマ数が増えていく傾向があります。

優秀な講師に授業を担当してもらって生徒の成績を上げていき、

実績を作り上げていくことが塾にとって欠かせないからです。

実は担当コマ数が増えることで塾講師の給料が増えやすくなる現場が多いというのも事実で、

稼ぎたいと思っている塾講師には悪いことではありません。

逆に実力がないとバックオフィスの仕事を任せられるようになりますが、

講義は苦手でバックアップが好きという人には魅力的でしょう。

ただ、給料が増えるかどうかは現場によってかなり違うので注意が必要です。

担当コマ数が塾講師の給料に影響を及ぼすかどうかは給与体系次第です。

基本給と手当から月収が決まるのが基本ですが、

塾の場合には担当コマ数によって歩合制と同じような感じで手当が出るところが多くなっています。

そのため、担当コマ数が多かった月は月収が上がり、

担当から外されてしまった月は給料が低くなるということになるのです。

バックオフィスの場合には手当が出ない場合が多く、

給料が伸び悩んでしまいがちということになります。

そのため、塾講師が稼ぐには実力を付けてたくさんの授業を持たせてもらうことが肝心なのです。